平富恵スペイン舞踊団公演 「RyojinHisho~梁塵秘抄の世界~」

2016/08/16/

平富恵スペイン舞踊団公演 「RyojinHisho~梁塵秘抄の世界~」

月島スペインクラブでは毎回満員となる人気公演です。

今年も文化庁芸術祭に参加しているステージ公演となります。

千年前の日本にジプシー文化が存在した。
平安後期に大流行した「今様(いまよう)」とは”和のカンテ”ともいうべきジプ
シーソング。

読み手たちは遊女(あそび)や博徒(ばくと)など社会の底辺で力強く生きたア
ウトローたち。

時空を異にしながら同じスピリッツを持つ魂の文化たち。

彼らの喜怒哀楽がつまった今様歌集『梁塵秘抄』の世界が現代フラメンコと融合
された!

平成28年度(第71回)文化庁芸術祭参加公演
平成28年度芸術文化振興基金助成事業

平富恵スペイン舞踊団公演
「RyojinHisho~梁塵秘抄の世界~」

公演日時 : 2016年10月14日(金)昼公演13:30開場、14:00開演
夜公演18:30開場、19:00開演
           10月15日(土)昼公演12:30開場、13:00開演
夜公演17:00開場、17:30開演

会場   : セルリアンタワー能楽堂
        〒150-8512 東京都渋谷区桜丘町26-1 TEL. 03-3477-6412

料金   : S席:9,000円 A席:8,000円

後援:スペイン大使館、セルバンテス文化センター東京、ほか

協力:スペインクラブグループ

【作品紹介】
歌集『梁塵秘抄(りょうじんひしょう)』より数首の歌を取り上げ、フラメンコ
の曲、リズムに乗せ組曲として上演します。

日本語歌詞の持つ独特の響とフラメンコ音楽との融合を目指す創作舞台です。

*梁塵秘抄…平安末期に大流行した「今様歌」を後白河院が編纂した大歌謡集。
(現存すれば五千余首を数え『万葉集』にも匹敵したとされる)

登場するのは、遊女(あそび)、傀儡(くぐつ)、博徒修験僧など秩序の外側に
生きる人々だった。

分けても、歌と舞いを生業として諸国をめぐる「遊女」の口の端にかかったとお
ぼしき歌は多い。

遊びの歌、男女の歌、日常の喜びや悲しみの歌、思いをいかにも生き生きとリズ
ミカルに表現する歌の数々。

*梁(うつばり)の塵(ちり)をうごかす…中国の故事より。

「梁塵(りょうじん)」は、名人の歌で梁(うつばり)の塵も動いたという故事
より、すぐれた歌や音楽のこと。

【主な出演者プロフィール】

■ベニート・ガルシア[男性舞踊家]
コルドバ出身。TVやCM、イベントなど多数出演。
2011年より自身のプロデュース作品『証』AKASI、『標』SHIRUBEなど意欲作を
発表し、優れた舞踊家としての才能を発揮する。

■浅野祥[津軽三味線]
04年津軽三味線全国大会最高峰A級最年少優勝(14歳)。
その後3連覇し同大会殿堂入りを果たす。圧倒的な演奏力と豊富な表現力は天才
と称され07年ビクターより「祥風」でメジャーデビュー。
今年1月「忠治が泣いている」(徳間ジャパン)にて歌手デビューを果たす孤高
の若き津軽三味線奏者。

■石塚隆充[男性歌手]
本場スペインにて「日出ずる国のカンタオール」と賞賛される実力派。
他ジャンルの一流演奏家との共演多数。近年作曲・編曲・音楽監修において高評
価を得ている。

■ナタリア・マリン[女性歌手]
美しく伸びる声、豊かな表現力、安定した実力でスペインほか、世界各国で活躍。
舞踊伴唱だけでなく、ソリストとしての評価も高く不動の人気を誇るアーティス
ト。
■永田健[男性舞踊家]
アントニオ・アロンソスペイン舞踊学校、アルバ舞踊団出身。13年ANIF新人公演
奨励賞受賞。
平舞踊団公演「真夏の夜の夢」などにも主要メンバーとして好演。

■久保田晴菜[女性舞踊家]
幼少より短期渡西留学をする。09年小島章司舞踊団「ラ・セレスティーナ」出演。
昨年平舞踊団公演「真夏の夜の夢」に出演、活躍する。

■平富恵スペイン舞踊団[女性舞踊家]
豊富な舞台経験を持ち、スペイン舞踊全般をレパートリーとする。
主要メンバー平尾華子、稲葉由希子、岡田和緒子、続く若手団員たちは、
日々平富恵の厳しい指導のもと研鑽を重ねている。

【チケットお申込み、お問合せ】
(有)マジェスティック
info@girasolflamenco.com
03-3905-7900(月~木 10:00~17:00)

01_09983taira_new (2)